看護師に求められる最低限のPCスキル

業務の効率化を図るべく、医療機関にもIT技術が導入されるようになりました。その最たるものが「電子カルテ」の普及で、医療事務だけでなく医師や看護師にもPCスキルが求められていますが、今までは紙カルテが主流だったこともあり、PCに触れた機会のない看護師も少なくありません。しかし、看護師に求められているPCスキルは事務職ほど高度なものではありません。看護師に必要なPCスキルとはどの程度のものなのでしょうか?では、当サイトと共にこちらのサイト『看護師にPCスキルは必要?』も併せて確認していくことにしましょう。

PCスキルとしては、まずは「Excel」や「Word」といった文書作成ソフトの基本さえ押さえておけば十分です。なぜ文書作成ソフトのスキルが必要なのかと言うと、報告書や資料、論文などの文書作成もPCで行う医療機関が増えているためで、特に看護師の求人は「Excelのスキル必須」という条件が書かれている募集要項も多くなっていきています。Excelは表・グラフの作成が簡単にできる他、平均値の算出や推移の計算がスムーズに行えるため、殆どの業務に対応できます。Excelは機能が多く、関数の計算式をはじめ、覚えることは多いですが、使いこなせるようになれば大幅な効率アップが見込めます。ただし、論文やビジネス文書といった文章主体の書類は、ExcelよりもWordの方が適しています。

WordはExcelに比べ難しい機能がなく、メールを書くのとほぼ同じ感覚で文書を作成でき、写真や図表といった画像の挿入も手軽に行えます。今後、カルテの記入以外にも多くの業務の「電子化」が増えると予想されます。現在、職場でPCを使うことがないという方も、将来を見越して最低限のPCスキルは身につけておきましょう。