IT化が進む医療現場でも人力は不可欠

小さい頃に看護師のお世話になって、自分も将来看護師になりたいと思っていたという人は多いかもしれません。しかし、看護師や准看護師になるには専門の教育を受けて国家資格取得するなど、ある程度時間がかかるものとされています。それで、様々な事情から学校へ通うチャンスがなかったりして、その道を諦めた人もいるようです。

しかし、看護師の資格がなくでも医療現場で働ける職業の一つに医療事務があります。医療費の計算を行ったり、保険者に診療報酬を請求することがメインの仕事のため、医療行為は行いません。資格は必ず必要ではありませんが、民間の資格があるので取得しておくと面接の際などにアピールすることもできます。看護師の資格を取得するよりも圧倒的に短い時間で取得可能で、通信教育などでも勉強できるため、働きながら取得することも可能です。職業訓練でも勉強できるので医療現場で働きたい人にはおすすめです。

さらに、その医療事務で役立つのがPCスキルです。これからどの医療機関においてもIT化が進んでくることは必須といえます。そこで持っておくと役に立つのがPCスキルなのです。医療事務は、外来会計のための領収書や診療報酬請求に用いる診療報酬明細書いわゆるレセプトを作成するのですが、そのためにソフトを利用します。医療事務をはじめたばかりの場合は、このソフトに慣れる必要があり、PCスキルを持っておくことでより早く仕事に慣れることができるのです。看護師にしても、医療事務にしても、今後のIT化について行くためには最低限のPCスキルはあったほうが良いのかもしれません。