電子カルテのメリット・デメリット

カルテは、患者の名前や病歴といった個人情報が記載されたもので、看護師の仕事には必要不可欠なもので。従来は紙媒体が一般的でしたが、今では、ほとんどの医療機関に電子カルテが導入されています。では、電子カルテのメリット・デメリットは何でしょうか。メリットで、まず挙げられるのは、時間の節約ができることです。受付業務およびカルテ作成などの作業が全てパソコンで可能なため、作業効率が向上し、患者の待ち時間軽減にも役立ちます。また、情報は全てパソコンソフトの中にあるので、カルテを保管する為のスペース節約にもなります。さらに、カルテは患者名などの条件から検索できるので、紛失や人違いなどのヒューマンエラーを減らすことにも繋がります。

電子カルテのデメリットは、電子カルテのソフトが各医療機関によって異なることが多い点です。医療機関で経験を積んだ人であっても、ソフトが違った場合には、一からから覚え直す必要があるのです。また、パソコンやソフトなどの初期投資や、電気代やメンテナンス代などの経費が嵩む点も挙げられます。それに、院内のパソコンは全てネットワークで繋がっているため、コンピューターウィルスには十分気を付ける必要があります。

さらに、停電が起きた際には、復旧するまで全て手作業で行わなければならず、混乱が避けられません。このように、電子カルテは便利で効率良く仕事ができるという反面リスクもあるのです。あらかじめ特徴を理解し、上手に付き合って行きましょう。